レイクは他の消費者金融と比べると金利は低い水準ですが、その金利差には幅があるといえるでしょう。

消費者金融や銀行などのキャッシングで一番ポイントになるところといえば金利です。金利が1%でも違うと借り入れているお金の残高次第では数万円の利息の違いが出ることがあります。しかし、適用される金利には個人の属性によって、審査で判断され決定されるものです。そのため、できるだけ上限金利の低い会社を選ぶようにしたほうがいいでしょう。消費者金融系のキャッシング会社では、上限金利が高くなる傾向があります。
それでは、銀行キャッシングのレイクはどうでしょうか?レイクは銀行の傘下にありますので、消費者金融系のキャッシング会社ではありません。そして、新生銀行カードローンという名前もついていますので、銀行のキャッシングと考えたほうがいいでしょう。レイクの金利は、年4.5%から年18.0%となっています。この数字をみると下限が年4.5%だからとても低くて利息も安くなるのではないかと思います。しかし、気をつけて欲しいことは、表面的な金利にだまされないようすることです。実質金利に幅があるということは、審査によって人それぞれ適用される金利が違ってくるということです。これはレイクであっても同じことです。そのため、アルバイトやパートの人で利用限度額が低く出ている人には、金利も最大の年18.0%が適用されていることがあります。これも審査の結果であり、個人の信用の具合によって変わるものです。こうした審査結果が出たとしても、あまり落ち込まないようにしてください。
レイクはもともとは消費者金融としてスタートしているので、どちらかというと貸金業として、消費者に近い位置で営業をしています。そのため親しみやすいイメージを持っている人が多いでしょう。レイクの金利が少々高い理由には、消費者金融業者として営業していたときの利用者は、やはり金利が高くなる傾向があります。銀行出の借り入れができなかった人や、他のところで借りることができなかった人が消費者金融のキャッシングを利用することが多かったからです。そのため、金利については幅を持たせていると考えて良いでしょう。
こうして考えると、普通に正社員で働いている人はもちろん、パートやアルバイトであっても定期的な収入があるという人は、レイクでもある程度いい条件の金利が出ると考えてください。

レイク審査ガイド