キャッシングのレイクの気になる利用限度額は最大500万円ですが、総量規制の対象外の会社です。

キャッシングを申し込んだことがない場合でも、新規申込の時点でいくら借りたいのかあらかじめ決めていることがほとんどです。ただ、申し込みをするときにいくらまで借りたいのかといった希望金額を記載する項目があると思います。この項目ではあくまでも希望の借入金額です。もしかしたら、希望に添えない可能性もあります。
キャッシングでは利用限度額はとても大切な項目です。利用限度額が大きいほどその人にはたくさんのお金を貸すことができますので、信用があるということになります。キャッシングは信用をお金に換えているものです。いくらまで借りることができるのかはとても気になることです。
消費者金融業者をはじめ、レイクでは最大500万円の借入限度額が設定されることがあります。500万円というと相当高い金額になります。ちなみに、貸金業法でいうところの総量規制では、年収の3分の1までしか借入をすることができません。500万円というと年収にして1500万円といったところになります。かなり多いと思いますが、レイクは新生銀行カードローンとも呼ばれているれっきとした銀行のカードローンです。ですから、総量規制対象外になっています。そのため、実際には500万円の利用限度額を得ている人は、1500万円の年収はないことが多いといえます。
レイクで新規に申し込んだいいという理由には、銀行系のカードローンであるということが挙げられます。銀行系であれば、年収に関係なく安定した収入があって、借り入れがあったとしても延滞したり、滞納したりといった金融事故がなければ、ほとんどのケースでは審査に通過することになるでしょう。
思ったような利用限度額が得られないときは、申し込んだ人はあまり信用がないと考えてください。信用がないというと嘘つきという意味にも取られかねませんが、お金を借りるときの信用とはより多くのお金を借りられるかどうかといった意味に使うことになります。
レイクでは新規の申込時には、借入限度額が低めに出ることがあります。その後は、たびたび利用したり、返済も滞りなく行っていると、利用限度額を増額することもできます。これはレイクに限らず他の消費者金融のキャッシングでも同じことです。しっかりと信用を高めて利用限度額を多くすると、金利も低くすることができます。

レイク審査ガイド