レイクの提供会社は新生銀行ですが、別名新生銀行カードローンとも呼んでいます。

今話題のキャッシングといえば、レイクといえるでしょう。レイクは消費者金融業界でも歴史が古く、テレビCMでもよく見かけるように、イメージもよく業界でも指折りの業者になっています。
そんなレイクですが、実は今では消費者金融ではなく、銀行系のカードローンとして存在しています。どうして銀行系のカードローンなのかというと、レイクの提供会社が新生銀行になっているからです。レイクは新生銀行カードローンという別名を持っています。その名の通り、銀行が発行しているカードローンとして考えておいていいでしょう。
銀行カードローンのメリットといえば、総量規制の対象にならないという点です。そのため、年収を気にすることがなく、他の消費者金融で借入があったり、多額の借入枠があったとしても、まずは申し込みを受け付けてくれます。
提供会社が新生銀行になったからといって、今までどおり審査のスピードは変わりません。銀行のイメージといえば、お堅いイメージがつきまといます。そして、書類をたくさん書いた後の審査は、数日か一週間を要するといったところもありました。しかし、今ではそうした遅い審査スピードではなく、レイクと同じく提供会社の新生銀行も利用者のことを第一に考えたサービスの提供を行っていることになります。もちろん、即日審査、即日融資を基本としていますので、新生銀行が提供会社になったからといってもこの点には変わりはないでしょう。
また、銀行カードローンということもあって、借入金利の下限が年4.5%と業界でも最低水準にまで下がっています。金利には幅がありますが、実際に適用される金利はかなり低くなるはずです。さらに銀行が提供会社になったことで、資金にも余裕が出てきたため、無利息キャンペーンを行っています。無利息キャンペーンは、他の消費者金融業者でも実施しているところはたくさんあります。ただ、提供会社が大手の銀行カードローンで実施しているところは、あまりないと考えてください。しかも、レイクの場合は、二つのパターンの無利息キャッシングを選ぶことができます。一つ目は借入額5万円までの180日間無利息と借入額全額が30日間無利息になるものです。いずれにしても、初めて利用する人にはありがたいサービスですので、チャンスを活かすようにしてください。

レイク審査ガイド