レイクはアドオン返済方式を採用しておらず、二種類の返済方法から選ぶことができます。

キャシングの返済方法には、いろいろありますが、その中でアドオン返済というものがあります。アドオン返済は、借入当初の金額に金利をかけて手数料を計算し、総返済額と手数料を全て合わせたものを返済回数で割ったものを毎月の返済額として返済していくものです。アドオン返済で使う金利は、アドオン手数料率といったものを使います。これは実質年率に近い金利ですが、あくまでも当初予定していた金利ではないということです。
アドオン返済を使うのは、金利の計算が複雑であったり、借入残高が最初から変更がないときぐらいしか使うことができません。これは、途中で借入残高の変更があったりすると、また計算しなおす必要があるからです。アドオン返済で金利や返済額がすでに確定しているので、また計算しなおすということは二度手間になるからです。
消費者金融のキャッシングでは、アドオン返済を使うことはほとんどありません。コンピュータ化が進み、金利や手数料の計算も正確で迅速にできるようになりました。そのため、アドオン返済を採用しているところが少なくなったといっていいでしょう。
ここでオススメするレイクでは、キャッシングの返済方式は、二種類あります。元利定額リボルビング方式と残高スライドリボルビング方式の2つになります。レイクではこの2つから好きな返済方式を選ぶことができ、とても利便性に優れたキャッシング会社であるといえます。リボルビング方式は、リボ払いと呼ばれていて、毎月の返済額が一定になっているものです。レイクでは、同じリボルビング方式でも元利定額と残高スライドとはどういった違いがあるのでしょうか?
元利定額のほうは、借入残高は全く関係ありません。最初に決めた金額を毎月返済していくことになります。一方の残高スライドは、借入残高によって毎月の最低返済額が決まっています。一般的には借入残高が少なくなるほど毎月の返済額が減ります。返済額は階段状になっていますので、100万円や50万円といったラインで返済額が決まります。
レイクでは、キャッシング会社でも珍しく二つの返済方式を選ぶことができます。レイクでもアドオン方式借り手に不利な面が多いので採用していないようです。やはり、自分の返済しやすいプランを選ぶことができるのは、レイクならではのサービスでしょう。

レイク審査ガイド