レイクの回収業者は法律に基づいてその業務を行っていますので安心してください。

キャッシングをするときは、お金がないときと決まっています。お金があるのにキャッシングをしようとする人はあまりいないといえます。お金を貸している業者からすれば、お金のない人ほど、延滞や滞納をしてしまう可能性があります。そこでもし利用者がお金を滞納してしまった場合には、回収業者にお金の回収を依頼することがあります。ここでいわゆるヤミ金融業者ならば、違法な取立てをするようなこともありますが、基本的にはそうした回収業者は少ないと思ってもいいでしょう。
ここでオススメしているレイクに関しても、通常の回収業者に委託をしているはずですので、通常の延滞金回収を行うことになります。レイクの回収業者は、もしも延滞をしてしまったときには、メールでのお知らせが入ると思います。メールでのお知らせは誰にも気づかれることがありません。もし忘れてしまっていたというときには、すぐに引き落としの口座に入金するようにしましょう。またレイクでは返済予定日が近づくと、メールが届くようになっていますので、携帯やパソコンのメールアドレスを登録しておくと便利です。
その後回収業者は電話による督促を行います。電話による督促はやんわりとしたものになりますが、たいていは忙しかったり、留守で電話に出られないこともあります。そんなときでも回収業者から督促の電話が来たというプレッシャーがかかってきます。さらに請求書による督促がやってきます。請求書による督促は、レイクの回収業者でもよく行われることですが、回収業者の名前ではなく個人名で督促の請求書が来ることになっているので安心してください。表向きは誰にもわからないようになっています。
レイクの回収業者であっても、最終的には訪問による回収が行われます。しかし、訪問による回収は法律でも決まりごとが多く、あまりひどいことはできなくなっています。また、訪問の時間帯も日中の時間帯しか行うことができませんので、忙しい人ならいつも留守なので訪問による回収に合わない可能性もあります。
こうしてみると、回収業者による延滞金の回収も、法律に従って行われていますので、利用者のプライバシーや立場を守ってくれているといえます。特にレイクならもし延滞するようなことがあっても、安心して毎日の生活を続けていき、返済を続けていくようにしましょう。

レイク審査ガイド