銀行カードローンで総量規制対象外のレイクだから安心して申込むことができます。

消費者金融業者というと、難しい言葉で貸金業者として分類されています。貸金業者は消費者金融業者だけではなく、信販会社も同じように貸金業者として分けることができます。こうした貸金業者は昔から一般の個人向けにキャッシング業務を行ってきました。そして、貸金業法が改正されたことにより、総量規制がかけられることになりました。総量規制は、借り入れ総額が年収の3分の1までに制限される制度のことを指しています。この規制が導入されたことにより、過払い金問題が出てきましたが、その後はキャッシングの利用者にとっては、安全にお金を借りることができるようになりました。もちろん、借入額は少なくなってしまいましたが、その分金利もとても低くなったため、キャッシングをして借りすぎになってしまうと言った恐れもなくなりました。
ところで、キャッシングといえば一番人気があるのがレイクです。レイクはテレビCMやネット広告などでもおなじみですし、過去にも話題になったCMがたくさんあります。実はレイクはもともとは貸金業者として分類されていましたが、今では新生銀行の傘下に入ったため、銀行カードローンとしてのレイクとして今までと同じように人気があります。
銀行カードローンというと、総量規制対象外になっています。新生銀行の傘下になるまでは、消費者金融業者でしたから、今では全く別の扱いになってしまったということです。つまり、銀行の審査によって利用者の利用限度額や借入利率を決めるということになりました。総量規制の対象外ということであれば、画一的に年収で足きりになることはありません。年収が少なくても、ローンなどをほとんどしていない人や、毎月の支払いをしっかりとしている人であれば、レイクの審査に通るようになっています。
このように考えると、新生銀行カードローンになったことで、より多くの申し込みをする人が増えてきたということになります。レイクは元消費者金融業者としての利便性を兼ね備えながらも、銀行の信用や安心感を持っている優良なキャッシング会社として今後も残っていくでしょう。もしまだキャッシングの会社をどこにしようか迷っているあなたならレイクが一番いいでしょう。レイクは新規申込であっても敷居が低くて、多くの人が利用しているところも見逃せません。

レイク審査ガイド