レイクは貸金業者ではなく、銀行のカードローンになります。

レイクといえば、キャッシングの会社として、テレビCMだけでなく、繁華街やビルなどの一角にある自動契約機やロードサイド店の緑の看板などでよく見かけるブランドです。消費者金融の大手の会社としてもよく知られるようになりましたが、実は数年前に新生銀行カードローンとして、リニューアルしたことがあります。レイクというブランド名は変わりませんが、銀行カードローンになってより使いやすく、より安全になってきたわけです。
ところで、レイクは銀行カードローンになったことで貸金業者に当てはまらなくなりました。これはどういったメリットがあるのかといいますと、貸金業者に対してかかる総量規制の対象とはならないということです。総量規制はキャッシングの業界ではよく聞かれる言葉です。総量規制は、借入総額が年収の3分の1までに制限される規制になります。例えば、100万円の年収があったとすると、その3分の1の33万円までしか借り入れができないということになります。法改正があっていきなりこうした規制がかかると、やはりそれ以上お金を借りられなくなる人がたくさん出てきます。貸金業者は、金利も高くなっていることが多く、さらに借入限度額も意外と少ないとなると利用者にとってはあまりメリットがないということになってしまいます。
それでも安全に借りられるという意味では、総量規制などの制限があったほうが、歯止めにはなるということです。逆にレイクは総量規制の対象外になったことで、そうした制限から開放されるようになりました。ただ、レイクは銀行カードローンとしての扱いですので、銀行の審査手続きを踏むことになります。一般的にいうと銀行の審査はとても厳しいと考えてください。どちらかというと、貸金業者である消費者金融は、お金を貸したいというスタンスなのですが、銀行はもっと厳格に審査をしています。その代わり審査に通過すれば、金利や利用限度額などの条件に関しては、一番いいと思っていいでしょう。銀行はサービスが悪くて、何かと厳しい注文が多いという人は、少し我慢して自分の属性を高めていれば、よい借入の条件を引き出すことができます。
このようにレイクは貸金業者ではなく、銀行のカードローンだということがおわかりいただけたかと思います。そして、今でもオススメだということには違いありません。

レイク審査ガイド